相続財産の評価

相続性の申告と同時に考えるべきことは、相続財産の評価についてです。亡くなった方が現金のみで財産を残した場合、相続する際にはその額に応じた課税額になります。そこで現金そのものの課税になると大きいので、不動産購入などで課税額を減らす方法もあります。現金評価ではなく不動産評価になれば、70~80%まで課税額を減らすことが出来るので、なるべく現金ではなく他の対象物を財産として扱われるようにしておくことが大事です。

それから生命保険に加入していれば、相続人の人数×500万円の控除が受けられるので、基礎控除額範囲内では収められなかった課税分を補うことも可能になります。このように相続においては現時点で財産とみなされる対象物に対する評価がとても大切になり、いかに課税額を減らして基礎控除内に収めるかが重要になります。

何を基準にして評価をするのかについては、やはり素人知識だけでは行き届かない部分もありますので、相続関連を得意としている税理士に依頼したほうが良いです。生前贈与などをして後のことを考えている場合なら進めやすいのですが、亡くなってからの手続きになると色々とトラブルが起こりやすくなります。期限内に円滑に行うためにも、滞りなく処理できる経験豊かな税理士を頼るほうが、最終的には各々が納得できるかたちで終結できると思います。

相続税の申告ができる

税理士に相続手続きの依頼をすると、まずは相続税の基礎控除額についての計算から始まります。近年になって基礎控除額が減額され、基礎控除の範囲で免額される対象も少なくなりました。つまり課税対象となるものが増えて、土地や建物などの不動産を所持している場合は基礎控除だけでは免れなくなるということです。

考えるだけでややこしい制度なのですが、相続税の申告は基礎控除額を超えている場合に行うべきことなのです。課税対象となる相続人全員が亡くなった方の住んでいた地域の管轄の税務署に申告するのが一般的な方法になります。申告を自分たちで行うことも可能ですが、何度も税務署に出向いたりする手間がかかったり、書類に不備があったりするとやり直さなくてはならないので、信頼できる税理士に頼んだほうが確実です。

税理士に依頼すると必ず質問されることが、基礎控除額の計算に必要な各々の財産についてのことです。どこに何を所有しているかによって、さらに法定相続人の人数によって計算が変わるので大切な情報になります。相続税申告は相続に関連する事項を知った10月間以内に行わなくてはならないと決まっているので、複雑な計算や書類手続きなどを考えると素人だけでは対処しづらいと考えられます。なので相続の申告は税理士に依頼して随時アドバイスをもらう方法をお勧めします。

税理士に相続相談すると良いケース

相続というととても難しくて何から始めれば良いのか分からなくなることもあります。実際に被相続人の方が亡くなられてから相続の関連する全ての事柄をクリアするまでに約1年間ほどかかるケースもあります。相続するにしても放棄するにしても、親族が集まって話合いを進めるなかで、あらゆる疑問や不安が出てくることになります。問題をスムーズに解決していくためにもエキスパートである税理士に相談するのも有効な手段のひとつです。

必要な書類や手続きなどに関してアドバイスをもらったり、相続税の申告や相続財産の知識においても頼れる存在なので、分からないことがあればまずは初回無料で相続相談ができるといったシステムを利用してみると良いです。税理士事務所のなかには無料相談を受けつけているところもたくさんありますから、インターネットを活用して口コミや体験談を利用して一度リサーチしてみることをお勧めします。

TOPIC|http://soleil-confiance.co.jp/

ひとつだけ注意したいところは、どの税理士でも相続関連に詳しいとは限らないという点です。地方などの不動産評価に対してそれほど多数の経験がない場所で運営している税理士事務所だと、相続相談をしても完全に対応できないということもあり得ます。

せっかく相談をもちかけても対処できなければ意味がないので、事前にホームページなどで税理士の実績確認を行ったほうが良いです。今後長く付き合っていくことになる税理士ですから、実績があって信頼できる相手が見つかるまできちんと下調べをするように心がけてください。